お金借りたい

どうしてもお金を借りたい場合はコチラのキャッシングがおすすめ!

お金を借りたい人のための消費者金融会社の上手な使い方

消費者金融会社を含む貸金業者は1986年には全国で47,000社を超えていました。

 

つまり、一部のまともな大手消費者金融会社と中堅の消費者金融会社を除くと、殆どは中小零細の貸金業者が多かった訳です。

 

また、ヤミ金業者はこの47,000社に含まれている業者と含まれて居ない業者が有ったと思われます。

 

従って、ヤミ金業者を含む相当数の不適切業者が営業していた訳です。

 

しかし、その後の法整備と貸金業者の登録の厳格化・不適切業者の登録廃止を重ねた結果、今年の10月末時点の貸金業者数は2,258社に激減しています。

 

しかし、大手消費者金融会社や中堅の消費者金融会社は殆どそのままですから、不適切な中小零細貸金業者が淘汰されたということになります。

 

従って、全国の消費者金融会社の窓口数も大きく減少しましたが、現在はインターネットや自動契約機による申し込みが主流になりつつあります。

 

その為、店舗数は減りましたがインターネットからの申し込み方法が簡便になった為、利用者にとっては利用し易くなったとも言えます。

 

今後も益々パソコンやスマートフォンによるインターネット経由の申し込みが増えると予想されます。

 

従って、利用する側もインターネット経由の申し込みで、便利に上手に消費者金融会社を利用することが求められます。

 

主婦キャッシング・生命保険でキャッシング

 

主婦がキャッシングできるのは、銀行や消費者金融のキャッシングだけではありません。

 

主婦の殆どが加入している生命保険で主婦でもキャッシングすることもできます。

 

現在、どこの生命保険会社にも契約者貸付制度が整備されているからです。

 

契約者貸付制度は生命保険の契約者が、急に資金が必要に成った場合に一定の条件で保険契約者に資金を貸し付ける制度です。

 

つまり、主婦の側から見ると、生命保険でキャッシングできる訳です。

 

元々、この制度は保険契約者が保険料の支払いに困った時に、一時的に保険料を立て替える制度としてできました。

 

現在でも保険料が銀行口座から引き落としできなかった時に、一時的に保険料を立て替えてくれます。

 

但し、掛け捨てタイプの定期死亡保険などは契約者貸付制度の対象商品ではありません。

 

掛け捨てタイプの定期死亡保険は、契約者が万が一の時に高い保険金を支払うためだけの保険で、解約払い戻し金も満期保険金も無いからです。

 

契約者貸付制度の対象になるのは、解約払い戻し金が有るタイプや貯蓄性の高い養老保険や変額年金保険などの場合です。

 

従って、現在、加入している保険が契約者貸付制度の対象商品であるかを確認する必要があります。

 

もし、対象商品であれば、銀行や消費者金融のキャッシングよりも遥かに低い金利でキャッシングできます。

クレジットカード付きのローンカード

私が利用したことのあるキャッシング会社はアコムです。選択した理由は単純に家の近くに契約コーナーがあったためなのですが、いざカード発行までしてみて、非常に便利なことがわかりました。
アコムのローンカードの特色なのですが、マスターカードブランドのクレジットカードとしても使うことが可能で、飲食店などのてんとうはもちろんのこと、インターネット通販でも大活躍です。
それまでクレジットカードを持っていなかったので、通販の際にもわざわざ代引き手数料を支払っていたのを、アコムのマスターカードのおかげで必要なくなりました。

 

ただし、通常のクレジットカードと違って、支払いが口座からの一括引き落としで手数料や利息なしとはいかず、必ずリボ払いとなってしまいます。つまり金利が発生するということですね。その点を除けば使い勝手のよいクレジットカードとして活躍してくれます。
申し込んだその日のうちに発行してくれましたし、キャッシングよりも即座にクレジットカードを作りたいときにも活用できそうです。